アレッサンドロ・スカルラッティ

アレッサンドロ・スカルラッティ(1660-1725)は、独創的なチェンバロ・ソナタを残した作曲家ドメニコ・スカルラッティの父として、あるいはナポリ派のオペラの開祖として、ダ・カーポ・アリアの隆盛に貢献し、ヘンデルやハッセのオペラ作法に影響を与えた作曲家として知られています。