タイ南部で世界で一番大きな花『ブアプット』が咲いた

タイ南部のカオソック国立公園(スラータニー県)で、世界で一番大きな花と言われるブアプットが咲いた。 ブアプットはどんな花? ブアプット(またはブアトゥーム、英語名はRafflesia Kerrii)はラフレシア科の植物で、つる性植物の根の上に寄生する寄生植物の一種。花の直径は70~80センチで分厚い花びらを持つ。つぼ…