Macはもう不要!? - ”UNIX使い”狙い撃ちの「Windows Subsystem for Linux」を検証する(前編)

Build 2016で発表され話題となった「Windows 10でネイティブ動作するbash」。ベータ版という位置付けだが、先日Windows 10 Anniversary Updateに含まれる形で提供が開始され、いよいよユーザーに身近な存在となった。その概念から導入の実際、ネイティブLinux環境との違いなどについて、2回にわたりレポートする。