トピック「七人の侍」と「生きる」が“最高画質”目指し4Kレストア。最新の修復現場に潜入

黒澤明監督の名作「七人の侍」(1954年)と「生きる」(1952年)。いずれも60年以上前の作品で、これまでもニュープリントやレストアなどが試みられてきたが、“これまでで最高の画質”を目指した4K修復が実施。高画質化したものが、劇場で上映される事が決定した。修復を担当したのは、調布にある東宝系の東京現像所。その修復…