はてなブックマーク - いつか必ず来る別れの日、「遺品」は人生の縮図:日経ビジネスオンライン

paravola “元々、大手ホテルで接客や客室などの担当者として長く働いた後に独立されたと聞きました。一般に、葬祭業や運送業、清掃業などから遺品整理業に入る方が多いようですが、この世界では異色の経歴です” / hal_dynast “先日父が亡くなった僕にとって、何てタイムリーな記事!備忘録、後で読む。”