ミヤギフトシ連載08:長崎で見る遠藤周作と青来有一への連なり|美術手帖

アーティストのミヤギフトシによるブックレビュー連載。第8回は、青来有一の小説『私は以来市蔵と申します』を発端にして、同じ長崎を舞台にした遠藤周作『沈黙』の世界を辿りながら、連綿とつらなる作家の想像力に迫ります。【美術手帖が運営するアートニュースサイト。アートを中心にクリエイティブ・マインドを刺激する…