消費者視点とビジネス視点を両立するには

 成果を出し続けるために、今見えている数値「だけ」を追いかける──この前提でマーケティングや経営のあり方を考えたとき、乗り越えるべき3つの課題が残されています。これらの課題を突破していく中で、進化した