316≫ 受けのあり方-3 - 合気道ひとりごと

 ここまで述べてきておりますように『受け』は単なる投げられ役ではなく、取りの技量を伸ばしてやるという重要な役割を担っています。それでは具体的にどうするか、簡単に言えば倒れたり投げられたりする条件が整わなければそのことを取りに告げてやる、それだけのことです。  たとえば四方投げにおいて、受けが崩れて…