幻十夜「第八夜」 - 凡人だって悟れるもん

人気ブログランキングへ←1クリックしてくれたら嬉しいです第八夜自称神様が手を振り下ろすと同時、一瞬で目の前が真っ暗になった。目を開けても、つむっても同じ。光も輪郭も何もない、完全な暗闇。「おい!どうなってんだよこれ・・・!」隣で宮本くんが大声を出している。どうやら、私だけがこの暗闇の中に居るんじゃな…