後に残るは希望だけなり : 俺ジャーナル

1,「やれやれ、この家を終えたらすこし休憩を入れるとしよう。お前たちもさぞかし疲れたろう」 サンタクロースはそう言って、もう一度プレゼントの配達票で住所を確かめると、ずっと夜空を駆け続けてきたトナカイたちの首を軽く叩いてやった。まったく、いつまで