私 : 「幻想の世界」と「真実の私」

「私」を手放しましょう。「私」が全ての幻の根源です。「私」が全ての苦しみの源です。「私」を手放しましょう。そして「私の」を手放しましょう。「私の」身体、「私の」思考、「私の」感情。「私の」お金、家族、家、車などの物質的な物への「私」、「私の」仕事、肩書き