慰安婦問題 なぜ冷戦後に火が付いたのか - 木村幹(神戸大学教授)

日韓最大の懸案を解決するには、1990年代以降の両国関係の変質を理解しなければならない 従軍慰安婦問題が日韓関係における「のどに刺さった骨」になって久しい。とりわけ朴槿恵政権成立以後の韓国政府はこの問題を重要視し、この問題の進展なしに、首脳会談を開催する事すら