重要判決>自称祈祷師に懲役14年6月=薬不投与で糖尿病児死亡―宇都宮地裁

2017年3月24日、宇都宮地裁で、カルト問題を扱う者としては、重要な判決が出ました。当時7歳の児童に対する殺人罪に問われた自称祈祷(きとう)師の建設業近藤弘治被告(62)に対する有罪判決です。近藤被告は、2015年4月、宇都宮市の1型糖尿病の小学2年今井駿(