オタクの迷い道 シジナさんの感想 - 読書メーター

オタクの迷い道。個人的には岡田氏の著作の中では1番好きだ。それぞれの文章は短いが、妙な哀愁が漂っているのだ。今や彼は「オタクは死んでいる」と言っているが、この本には彼のオタクへの素直な眼差しが綴られている。