ぼくたちのみたそらはきっとつながっている :: 創作文芸見本誌会場 HappyReading

創作文芸小説誌のプレビュー。 —世界は幾つもの《まち》でできている。 住人は町に守られながら、生涯を生まれた町で過ごす。 《まち》はどこも閉鎖的で、町外を巡るバスに乗るには、高額のチケットが必要で、町を出るのはひとにぎりの限られた人だけ。 —それでも、細々と町は交流している。 町と町との物流を可能にして…