真面目で几帳面、だから嫌われた~『山県有朋──愚直な権力者の生涯』 伊藤 之雄著(評者:尹 雄大) 文春新書、1300円(税別)

…従来の山県の評伝の多くは、「反動の権化のようなイメージ」を伝えるものが多い。しかし、本書はそれらが依拠しなかった、新たに公開された手紙や文書をもとに「生身の山県の声を伝える」と意気込む…