日本のワイン造りに見る地方創生の一つの形 ネットワーク型のクラスター作りがカギになる

日本酒の国際化も併せて考えると、日本発の競争力ある6次産業化のあり方の一つとして、食に寄り添うワイン(や日本酒)のグローバルマーケティングは、大きな価値につながる可能性がある。