障害者を傷つける、私たちの「感動ポルノ」の刃 障害者雇用が進む陰で、職場での障害者虐待が激増する現実

障害者を傷つける“感動ポルノ”。私たちの中に、多かれ少なかれ存在する。「自分たちを感動させてくれる対象」としての役割を相手に求める、“温かさ”をまとった冷ややかな視線が、障害者を生きづらくしている最大の原因なのではないか。