セブン&アイ、帝国を治めるのは誰か?

昨年秋から、セブン&アイ・ホールディングスの新体制が本格的に動き出した。昨秋以降の人事の流れからは、鈴木敏文氏の色の強い人材の排除などが感じられる。だが井阪社長がなすべきことは、「鈴木氏とは別のカリスマ探し」ではない。