「売れそうにない」がイノベーションを生む

日本企業が長く低迷期を強いられた背景には「守りの経営」がある。いかにしてイノベーションを起こすか。経営者に求められるのは、今売れているものへの追従ではない。今売れていないものにこそ、ヒントは隠れている。