モンスター化する東京 中規模都市の消滅可能性はより深刻に

2014年に「約半数の都市が消滅する可能性がある」と指摘した増田寛也氏(日本創成会議座長、元総務相)。衝撃的な予測は、今後10年、東京の高齢化が進む中で本番を迎えるという。これからの街作りのあるべき姿を聞いた。