ノート(17) 常識が通用しない拘置所における知られざる独自のルールとは(前田恒彦) - Yahoo!ニュース

いつの間にか夜が明け、室内に外光が差し込んできた。――これまで一体、何人の人間がここに収容されてきたのだろう。彼らはどのような思いで日々を過ごし、どうやって正気を保ってきたのだろう。