開かれた医療とその敵:第2節-明確性をもたらすものを盲信した果てに- / 地域医療ジャーナル

正しい医療の在り方は、権威ある学術団体が、質の高いエビデンスを用いて、妥当性の高い方法論で作成した「診療ガイドライン」に存在する、という考え方がある。近年、Grading of Recommendations Assessment, Development and Eval...