『最後の親鸞』/吉本隆明 - 関内関外日記(跡地)

 ひさびさに、これほど夢中になって読めた本はなかった。すばらしい読書だった。俺は『妙好人』(鈴木大..