『世界』12月号「さよなら、イリハム」について - 梶ピエールの備忘録。

遅ればせながら、『世界』に翻訳が掲載された黄章晋氏の「さよなら、イリハム(再見、伊力哈木(鈴木将久..