辺見庸『死と滅亡のパンセ』から音楽関係者の戦争責任を連想する - kojitakenの日記

佐野眞一の著作で知られる「東電OL殺人事件」の再審開始が決定され、ゴビンダ・マイナリ元受刑者が刑務所..