ボケへのこだわり――富士フイルム「XF 56mm F1.2 R APD」 アポダイゼーションフィルターの仕組みとは?

富士フイルムが12月に発売するXマウントレンズ「XF 56mm F1.2 R APD」は、美しいボケを実現するという「アポダイゼーションフィルター」(以下APDフィルター)を備えているのが特徴だ。このフィルターがどういったもので、どのような効果があるのか開発陣に話を聞いた。(聞き手:杉本利彦、本文中敬称略)