地方創生相発言に落胆 外国人に向け多言語表記、翻訳アプリ導入…学芸員「実態知って」 | どうしんウェブ/電子版(札幌圏)

札幌市内の博物館では、展示資料に多言語の表記を取り入れるなど、学芸員がさまざまな知恵を絞り、外国人観光客への対応に当たっている。山本幸三地方創生担当相は、外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員」な...