外来12種放すと罰則 道の生物多様性条例、適用開始 | どうしんウェブ/電子版(科学・環境)

道の生物多様性保全条例に基づき、19日からトノサマガエルやイワミツバなど12種の外来種を野外に放すと、罰則が適用されるようになる。同様の条例で罰則を設けるのは、滋賀県に次いで全国2例目。指定する外来種の中には、アメリカザリガニのように身...