震災のさなかにシステム障害機能不全に陥ったみずほ銀の窮地

システムがダウンし、社会インフラとして果たすべき決済機能の提供すらできなくなったみずほ銀行。みずほ銀は約10年前にも同じようなトラブルを起こしており、存在意義すら問われかねない危機に陥っている。