論敵なのに嫌いな人間は同じだった西部邁 | 佐高 信の「一人一話」 | ダイヤモンド・オンライン

まもなく、西部はしばしば、「サタカ君を左翼にしておくのは惜しい」と私を冷やかし、私も、「西部さんは保守にしておくのは惜しい」と笑って返すようになる。