ソフトバンク孫氏、株主に社長続投説明「やり残したことがある」

ソフトバンクグループの孫正義社長は定時株主総会で、ニケシュ・アローラ副社長の退任について、「やり残したことがある。もう少し社長を続けていたい」と思うようになったと、自身の社長続投の経緯を説明した。