村に火をつけ、白痴になれ 書評|栗原 康(岩波書店)

本書は、大正時代のアナキスト大杉栄のパートナーで、女性解放運動の元祖といわれる伊藤野枝の評伝だ。ただし、物騒なタイトルから察せられるように、常識や道徳観、そして「評伝」という言葉の持つ堅苦しいイメージをも一蹴する、とんでもなくぶっ飛んだ本で