学生 島耕作 / 弘兼憲史

物語の舞台は1966年の東京。<br /> 受験戦争を乗り越え、夢と希望を胸に抱き<br /> “都の西北”早稲田大学法学部に入学した<br /> 山口県岩国市出身の島耕作、18才。<br /> 大学生活の中で触れる、心許しあえる仲間との友情、<br /> 刺激的な人々との交流、そして心惹かれる女性との出会い——。<br /> 高度経済成長、そして学生運動まっさかりの激動の時代…