第4段階:部分最適化とイノベーションのジレンマ(組織の法則:会社成長の5段階説)

「現場」と「マネジメント」の権限調整にうまく折り合いをつけた企業は、第4段階に入っていきます。儲ける仕組み(ビジネスモデル)が確立され、その仕組みをスケール(拡大再生産)させることが最重要課題になるため、定型化(標準化)された仕事を早く、そしてきっちり回せる人材が多数必要になります。このような職能…