関西電力が家庭向け電気料金再値上げ。業績の回復より自由化で新電力へのシフトが本格化する可能性あり。

経済産業省は、関西電力が申請していた家庭向け電気料金の再値上げを認可した。業績悪化に苦しんでいる関電にとっては止むに止まれぬ方策ということだろう。2015年3月期の連結最終損益は1767億円の赤字と…