憲法9条の「本当の意味」をそろそろ直視しませんか?(篠田 英朗)

日本国憲法は、70年の長きにわたり、一字一句変更が施されていない、世界史でも稀な超硬性憲法である。そのこと自体は、良いことでも、悪いことでもない。厄介なのは、70年間の間に、根拠不明であったり、いたずらに複雑であったりする解釈が、積み重なってしまっていることだ。いまこの憲法をどう考えればよいのだろうか。