第2回 URLと画面表示(RoutingとTemplates)

今回からは簡単なアプリケーションを作成しながら,Ember.jsの構成要素について一つひとつ見ていくことにしましょう。今回のテーマはRoutingとTemplatesです。