「第4の波」「完璧な資本主義」「穴居人の原理」に基づき予想される未来の社会(『2100年の科学ライフ』備忘録として)

ミチオ・カク著『2100年の科学ライフ』はコンピュータやバイオ、宇宙など各分野における近未来・世紀の半ば、世紀末の未来を描いた一冊。本書さらにテクノロジーが変える社会の姿、資本主義の未来も予想しており、これについて紹介。特にハイテクよりハイタッチを優先する「穴居人の原理」は未来人の生活を想像する上で重…