「若不生者」の「生」を”信楽に生まれさせる”とする解釈にまた戻りました - 飛雲 ~親鸞会の邪義を通して~

本日の講師部講義で、珍しく本願、本願成就文についての説明がありました。あれだけ避けていた本願と本願成就文ですが、極一部だけの会員の参加ということもあり、情報が洩れることもないし、会員に対する、本願文の...