自炊代行業の男性、著作権法違反容疑で逮捕、データの使い回しや古書店への転売も行っており「極めて悪質」 

 権利者の許諾なく、書籍をデジタルデータ化してDVD-Rに複製して譲渡していた京都市の自営業(自炊代行業)の男性を、京都府警察本部生活経済課などが30日、著作権法違反の疑いで逮捕した。一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が同日、発表した。