生産年齢人口が1000万人減!もうIT業界の人月商売は成り立たないぞ

 「少子高齢化」とはよく言うが、具体的な数字で突きつけられると、がくぜんとさせられる。日本の生産年齢人口は1995年に比べると1000万人以上も減った。10年後には7000万人を割り込む。IT業界の観点で捉えると、結論は明らかだ。もはや人月商売は成り立たない。