[安藤ハザマ]TensorFlowでトンネル岩盤評価、地質専門家の頭脳再現

 中堅ゼネコンの安藤ハザマは、山岳トンネル工事の進捗管理に画像解析AI(人工知能)を活用する取り組みを始めた。トンネルを掘り進めたときにできる断面の画像を、ディープラーニング(深層学習)を基にした自動評価システムで判定。地質専門家が現場にいなくても、品質や追加工事の必要性などを判断できるようにする。