ドラクエ堀井氏、プログラミングの思い出をCEDEC 2016で語る

 ドラゴンクエストのゲームデザイナーである堀井雄二氏は、27歳のときに購入したパソコン「PC-6001」でプログラミングを始める。デビュー作「ラブマッチテニス」では16進数でマシン語のプログラムを書いたという。