勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし

今日の名言は、野村克也元監督の名言としてご存知の方もおおいと思いますが、もともとは江戸時代後期の平戸藩主、松浦静山の言葉になります。大名ながら剣術の達人でもあり、剣術書「剣談」のなかに今日の名言があるそうです。