M(n)変換

m(n)変換は、ふぃっしゅ数バージョン5で定義された写像から写像への写像である。増加速度は急増加関数で\(f_{\varepsilon_0}(n)\) であり、ヒドラ関数やBEAFのテトレーション配列と同じ程度である。\(m(1)\) は自然数から自然数への関数で、\(m(2)\) は関数から関数への写像で、以下のように定義される。