Linuxカーネルに3件の深刻な脆弱性--早急にパッチの適用を

3件のうちで最も深刻な脆弱性が悪用されると、ローカルユーザー(仮想環境やクラウド環境でLinuxインスタンスを使用するリモートユーザーも含まれる)によるシステムのクラッシュや、管理者権限での任意のコードの実行が可能になる。