核融合炉こそ世界の需要に応える最終の解決策 視野狭窄のエネルギー政策では、技術立国の戦略を誤る | JBpress(日本ビジネスプレス)

日本は「もんじゅ」にこだわり過ぎた。文殊菩薩に肖った名称が廃炉を躊躇させたわけでもなかろうが、関係者、特に文科省には事態を解決して、何としても前に進めたいという熱意がなかったように思える。同時に、米国の政策に左右された面も大きい。