夢(第二領域)にどれだけ時間を注ぎ込めば報われるのか? | jMatsuzaki

心配性だった私は、夢に集中できない状況(やむを得ずバイトをしている場合など)の中で、せめてこれだけの時間を確保すべきだという指標を1つ見つけました。生活の中から20%だけ夢に貢献する時間を捻出することができれば、現実に風穴をあける切り札になる。