一日の作業量を正しく見積るために必要なたったひとつのこと | jMatsuzaki

一日の作業量を正しく見積もれる人間はそう多くはありません。ほとんどの人は一日のタスク量を多く見積もりすぎて計画を最初から無かったことにしてしまうか、逆にタスク量を低く見積もりすぎて怠惰のうちに一日を終えてしまうものです。